♪指揮者紹介

松岡 究


成城大学文芸学部卒業。音楽学を戸口幸策氏に、指揮を小林研一郎氏、ヨルマ・パヌラ氏、ランベルト・ガルテッリ氏に師事。
1987年東京オペラ・プロデュース定期公演、ドニゼッティ作曲『ビバ!ラ・マンマ』を指揮してデビュー。その後『蝶々夫人』、ロッシーニ『オテロ』、フンパーディンク『ヘンゼルとグレーテル』、ビゼー『カルメン』、ロッシーニ『婚約手形』、ヴェルディ『椿姫』、モーツァルト『フィガロの結婚』『ドン・ジョヴァンニ』『魔笛』、トマ『ハムレット』(原語初演)、ブリテン『ねじの回転』(新国立劇場小劇場)、R.シュトラウス『カプリッチオ』等を指揮。
1991年文化庁在外派遣研修生として、ハンガリー国立歌劇場及び国立交響楽団に留学。1992年スウェーデン・アルコントス音楽祭にヨルマ・パヌラ氏より招待され、タリン国立歌劇場管を指揮し、「卓越した才能」と高く評価された。 帰国後は、1993年から1996年まで新神戸オリエンタル劇場管弦楽団常任指揮者として、オペラとコンサートをプログラミング・指揮。また東京オペラ・プロデュース指揮者として、数々のオペラの日本初演を指揮。グノー『ロメオとジュリエット』、ワーグナー『恋愛禁制』、ベルリオーズ『ベアトリスとベネディクト』、R.シュトラウス『無口な女』、ヴェルディ『王国の一日』『二人のフォスカリ』、ドニゼッティ『当惑した家庭教師』、ビゼー『美しいパースの娘』、またロッシーニ協会にてロッシーニ『ランスへの旅』の日本人初演、いずれも好評を博し再演・再々演の指揮も担当。これらはいずれも各界から大きな反響と高い評価を獲得し、「きわめてバランス感覚に富んだ逸材」、「熟達の指揮ぶり、自らが意図する表現に歌手を自然に導く」、「オケから耽美的な響きを引き出し、抜群」等、新聞各紙、音楽雑誌などで絶賛された。
2002年は『無口な女』『ランスへの旅』『ねじの回転』の再演、鳥取国民文化祭にて新倉健『ポラーノの広場』の初演を指揮。2003年5月に新国立劇場小劇場オペラシリーズでガッツァーニ作曲『ドン・ジョヴァンニ』を指揮し、高い評価を受けた。2004年11月より2007年10月までローム・ミュージック・ファンデーションの在外研修生としてベルリンにて研修。帰国後東京ユニバーサルフィル専任指揮者、日本オペレッタ協会音楽監督に、2012年秋から東京ユニバーサルフィル常任指揮者に就任した。

キューちゃん通信   Facebook   twitter   東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団

 

高橋 勇太



1978年東京生まれ。指揮を村方千之氏に師事。東京学芸大学音楽科を卒業。1997年より 3年にわたり、ドイツ・バイロイト音楽祭で、その後ドイツ国内のライン・ドイツ・オペラ、 ドレスデン国立歌劇場、デュイスブルク交響楽団、オーストリアのウィーン・フォルクス・オーパー で研鑚を積む。2001年スイスのマスタープレーヤーズ国際指揮者コンクールでディプロマ賞を受賞。
2002年ルーマニア国立歌劇場におけるオペラ「夕鶴」の現地初演の副指揮者を務める。2005年、東京を中心にオペラ・オペレッタ・ミュージカルの各公演を立て続けに指揮してデビュー。
東京大学フィロムジカ管弦楽団の常任指揮者、シュエット交響楽団の常任指揮者・音楽監督を歴任。
日本オペラ振興会の指揮スタッフを始め、フリーの指揮者として各地のオーケストラ・オペラ等を指揮する。 現在は、東京シティオペラ協会指揮者、アンサンブルロカ常任指揮者。また2006年より在京の プロオーケストラとしては異例の若さで東京サロンシンフォニーオーケストラの常任指揮者に就任。
2010年以降、ヨーロッパやアジアなど世界各地のオーケストラやオペラ座に招かれて公演を指揮する。

Facebook  

 

*お世話になっている皆様
 野哲夫(副指揮/管楽器)
 福田光太郎(副指揮)
 島根恵(弦楽器)
 島根朋史(低弦楽器)
 工藤昭義(低弦楽器)
 山田慶一(弦楽器)
 横田揺子(木管楽器)
 山田裕治(管楽器)