♪当団について


中野区民交響楽団は、1981年の創立以来中野区を拠点に活動をするアマチュアオーケストラです。
中野区在勤、在住の団員によって構成されておりますが、区外から参加する団員も多く、中野区の地域音楽文化振興のため区民に親しまれる演奏を目標に、日々活動を行っています。大学生から80代まで40代をピークに幅広い年代の団員が参加しており、現在の団員数は約70名。

♪当団の沿革


1981年  創立
       「中野まつり・区民芸能祭」(中野公会堂)に出演
1982年  第1回定期演奏会開催(5月30日)
        年1回の定期演奏会と「中野まつり・区民芸能祭」への出演を中心に活動
1990年  「中野公会堂さよならコンサート」(9月1日)中野公会堂との共催)
1991年  創立10周年
1993年  「なかのZEROホール開館記念演奏会」(11月28日)
2001年  創立20周年
2011年  創立30周年
        東日本大震災の余震も続く中、練習を続け本番を開催(4月3日)
2012年  第53回定期演奏会において、壺井一歩氏作曲
        「アカシアの庭」(委嘱作品)を世界初演